受講生の声

ライトボディ覚醒コース受講 上村ゆかりさん

ライトボディ覚醒コース受講 大串彩規子さん (作家)

ライトボディ覚醒コース受講 大平静香さん (料理講師)

ライトボディ覚醒コース受講 吉永 小枝さん (医療職)

ライトボディ覚醒のワークは、呼吸と身体の動きによる意識の変容とそれの体との融合でした。今までの私『知っている望み』を、呼吸法とアートは、身体で体感し体現すればするほどに、『在る』ということが、そしてそこにいて創造していることが腑に落ちていきました。私は、どこにも行かないし、そこにいるだけなのです。呼吸法とアートは、やればやるほどに、下丹田・中丹田・上丹田は、私の中に在り続ける炎という動きから、私である微粒子が映し出す世界であるということも揺るぎないものとなりました。日常の様々な出来事を前に私の中でそれに対する感覚を感じるほどに、全ての感情は、そこに在るだけでどんな感情もそこにあっていいのだという事しかありませんでした。ワークは、今まで、意識を通して深めてきた体験一つひとつを身体を通して実感として腑に落としていったのです。無いものはない、知っている望みが、在り続けるだけだと。その後、中丹田の真ん中から、『神を生きる』という言葉が、身体の細胞に響いてきました。神を生きることが、私の生きるなんだ、と確信した瞬間でした。

ライトボディ覚醒コース受講 新里英子さん(講師)

静寂のアート

身体(カラダ)の動きから、文字通り空(カラダ)だ!を感じるワークです。
そこには、分析も意味づけも起こる余地もない静寂を感じることができます。
一定の動きを覚えるまでは、時間が必要だったり、もっとキレイに出来るようになりたいなど、それも楽しんで取り組めました。
ひとたび動きを覚え実践すると、ワークを終えたあとの行動が、感情に捕われることなくスムーズ!
それを自覚する程に、ワークの動作一つ一つ、あるいはその連続性が秩序なのだとわかりました。
「そうなるように開発された動き」
とは聞いていましたが、習慣化して繰り返すほどに単に静寂のみならず、「今ここに在る」状態が浸透してきました。
思考の中をさすらうことはなく、思考がやってきては去っていくのを見ている私がここにいます。
そして胸の内の中丹田から熱感が沸き立つのを感じるとき、この身体を以っての体験なのだと身に染み、自分自身への愛おしさを今までになく感じる毎日です。

呼吸法の体験
始めてからすぐに体調が変化したのにまず驚きました。
体がスッキリとして、目覚めがよく
4.5年前からの悩みの種だった昼間の眠気がなくなりました。
体に起こる変化だけではなかったのです。
「丹田を意識して」との助言に
身体の内側へ内側へ意識が向かいました。
先には、ゴルフボールのように硬くて重く勢いの強い感触でしか感じ得なかった下丹田は、どんどん柔みを増し、ハンドボール大に自覚する頃からは暖かな熱感を感じるようになりました。
その差異から、長年の緊張状態を解き放つことが出来たのだとわかりました。
下丹田が柔らみ、じんわりとした熱感が中丹田に伝わるようになると、アートのワークと相まって、球体の微細な振動とともに、感受性が豊かになるのを感じています。
胸の内の一点から波紋のように広がる感情に充たされる時、何を見ても自己への愛の一側面にすぎないことを知っている、凛とした私がここにいます。

お申し込み・お問い合わせフォーム